宿泊施設あれこれ
ホテル・旅館

ホテルスタッフ

旅行で訪れたホテルや旅館ではぜひスタッフの方と接していただきたいです。しかしホテルにはいろいろなサービスをしてくれるスタッフがいて誰に何と声を掛けたらいいのか分かりませんよね。

ホテルや旅館のスタッフは基本的におしゃべり好きが多いので話しかけてもらえるととっても嬉しいんですよ。どんなことでも構いません。ホテルや旅館のスタッフに声をかけて旅の思い出を作りましょう♪

ドアマン
まず最初に皆さんが出会うのはこのドアマンではないでしょうか。ドアマンはホテルの入り口でドアの開閉とお客様のサポートを行っています。何を質問されてもいいようにホテルの事は何でも知っておかなくてはならない重要なポジションを担っています。

ある高級ホテルを訪れた際にこのドアマンがすっごく魅力的だったのを覚えています。そう、ドアマンはフロントマンと並び言わば「ホテルの顔」なので、利用者をひきつける不思議な魅力を持っているのです。

当時はホテル業に携わる前だったので残念ながら話しかけずに終わったのですが皆さんがホテルや旅館といった宿泊施設を訪れる際はぜひドアマンに話しかけてみてはいかがでしょう。豊富な知識と話術のプロフェッショナルが楽しい旅の思い出をよりいっそう深みのあるものにしてくれます。
ベルボーイ
ホテルを利用するお客様の大きな荷物を客室まで運んでくれ、ホテルにはなくてはならない存在のベルボーイ。荷物を運んでくれるだけではなく出発まで預かってくれたり、管理してくれます。

旅館でいうと仲居さんもベルボーイのように荷物を運んでくれて部屋まで案内してくれますよね。ここで注意点を一つ。あくまでも大きい荷物をお願いしましょう。ポーチやバッグはファッションの一部でもあり、基本的に自分で持つのがマナーです。

仲居さんやベルボーイとは話す機会が結構あります。客室までの距離に時間があるので大抵は利用者を飽きさせないために仲居さんやベルボーイが率先して話をしてくれるのですが、より地元に密着した話が聞きたいのであれば自分から質問してみるのも有りですよ。
コンシェルジュ
コンシェルジュはホテル内の施設案内や周辺地域の情報を迅速に提供し、交通機関の予約も取ってくれます。フロントとはまた別に違ったディスクを持っていることが多く、話せる機会も豊富です。大抵の質問や疑問にはビシっと答えてくれ、その情報の正確さも折り紙つき。

ホテルの情報屋さんですね。それゆえ持っている知識も多く、地元の人しかしらないようなお店やイベント情報などを教えてくれるかもしれません。
ソムリエ
ホテルのレストランには必ず1人は居るのではないでしょか。ソムリエは皆さんご存知の通りワインに関して右に出るものは居ない、ワインと接客のプロです。

なぜソムリエに話しかけるかって?ホテルに居るソムリエはワインのことだけでなく料理技術やお客様へのサービス、語学力、どれをとってもトップクラスだからです。物静かなイメージがありますがその専門知識は圧巻ですよ。ぜひ話しかけてみてください。

recommend

新宿でおすすめの納骨堂を5つ厳選して紹介!

最終更新日:2017/10/11

Copyright © 2009 宿泊施設あれこれ All Rights Reserved.