宿泊施設あれこれ
ホテル・旅館

スーツケースについて

海外旅行に行く人の多くがスーツケースをもって行くことが多い。
材質は、プラスチックが多く取っ手がついており、重量物を簡単に運べるようにキャスターがついている。
また、飛行場で預け荷物とする際に投げられたり、落とされたりして破損する可能性が高いため丈夫にできている。
海外旅行に行く際に最適なスーツケースを選ぶのは簡単なようで、実は大変難しい。
なぜならば、旅行スタイル・行き先・日数によって変わってくるからです。

スタイル別のスーツケース
例えば、旅行スタイルではバックパッカーのように自分自身で荷物を持って移動を続ける場合にはむしろ両手を空ける事ができるリュックサックタイプをお勧めすします。
行き先は、ヨーロッパではアスファルト舗装やコンクリート舗装が少なく昔ながらの石畳の道が多く長時間に亘ってデコボコ道を歩く場合にはキャスターが破損してしまう可能性があります。
キャスターを破損すると運ぶのが大変になります。日数では、韓国に3日間滞在程度ならば荷物を極限まで少なくして普通のカバンで行く事も考えたほうがよい。
なぜならば、少量の荷物に対してスーツケースを持ち歩くのは無駄が多く、フットワークが悪くなってしまいます。
以上から持参するに相応しいのはパックツアーなどで空港までバスなどの迎えがおり、ホテルではポーターが荷物を部屋まで運んでもらえるような旅行スタイルがベストである。
最近は、テロ事件が頻発しているためアメリカの空港では施錠は禁止されており職員が施錠を破壊してもいいようなルールが確立しています。
そこで開発されたのがTASロックと呼ばれる施錠方法で検査員がマスターキーで開錠できるシステムがありますのでTASロック対応を選択したほうがいいです。
また、大きさも重要で航空機に持ち込む大きさは厳格に決められていますので事前にチェックするに越したことはありません。
安易に大きなスーツケースを持ち歩くとドンドンと荷物を入れてしまい、超過料金を徴収されることもあります。
特に最近流行のLCCでは、重量や大きさは厳格にチェックされるため注意が必要です。 旅行中は重宝しますが、帰宅すると部屋を占領する邪魔のものに変化するため、レンタルや友人から借りることも視野にいれたほうがいいです。
レンタルは、自宅まで宅配し、旅行後は自宅まで取りに来てもらえるため大変便利です。レンタルでも大変綺麗でにおいもなく安心して使えます。

Favorite

ボイストレーニングのレッスンを渋谷の音楽教室で受ける

Last update:2019/3/22

Copyright © 2009 宿泊施設あれこれ All Rights Reserved.